れいちゃん

音楽とコミュニケーション

楽器は「練習して、発表するもの」だと思っていませんか?

こんにちは!れいちゃんの大人の音楽教室インストラクターの高藤麗子(れいちゃん)です。 楽器は、「練習して発表するもの」だと思っていませんか? もしそういうものだと思っているとしたら・・・それとはまた違う世界もある、というお話です。 ジャムセ...
音楽とコミュニケーション

【終了しました】第2回ハンディキャップのある人のための 音楽キャンプ in星野村(2023.3.25-26)

このキャンプは、ハンディキャップのある人たちと一緒に、音楽を楽しみ、創り出していくキャンプです。夏に続いて、2回目の開催です。キャンプ場で、ロッジ・バンガローを借りて開催します。 一緒に音楽を楽しみたい人なら、どなたでも!年齢も、スキルも経...
受講生さんの声(ピアノレッスン)

その時々のメンバーに合わせて自由に音楽を作るのが、すごく楽しかった【オンラインピアノレッスン/受講生さんへのインタビュー⑤】

これまでのピアノオンラインレッスンの受講生さんに、インタビューしています。 5回目のお相手は、Mさんです。 フリースクールのスタッフをされているMさんは、スクールの子どもたちと一緒に、オンラインレッスンに参加されました。 もともと、音楽は聴...
受講生さんの声(ピアノレッスン)

楽譜通りじゃなくてもいい!ピアノを弾くのが楽しくなった【ピアノオンラインレッスン/受講生さんへのインタビュー④】

これまでのピアノオンラインレッスンの受講生さんに、インタビューしています。 4回目のお相手は、Hさんです。 Hさんは現在、旦那さんやお子さんと一緒に家族バンドを組んでイベントに出たりしているそうですが、ピアノレッスンを受けたことが、そのきっ...
受講生さんの声(ピアノレッスン)

自由に音を探って、重ねていくと、誰でも曲が作れる!【ピアノオンラインレッスン/受講生さんへのインタビュー③】

これまでのピアノオンラインレッスンの受講生さんに、インタビューしています。 3回目のお相手は、Kさん(当時、小学3年生)と、お母さん。親子で参加してくださいました。 耳を頼りに音を拾って、ピアノで音を探って、弾いていた 私 レッスンに参加す...
暮らしを創る

「暮らしを創る」「暮らしの自給」

「暮らしを創る」「暮らしの自給」について思うこと 今の暮らしの中で、今あるもので、できることからはじめて、楽しく続ける。 いきなりすごいことを目指さなくてもいい。今すぐできることが、誰にでもある。 そんな思いで、あれこれと、小さなチャレンジ...
受講生さんの声(ピアノレッスン)

家で眠っていたピアノが生き返った【ピアノオンラインレッスン/受講生さんへのインタビュー②】

これまでのピアノオンラインレッスンの受講生さんに、インタビューしています。 2回目のお相手は、Iさんです。 ブラスバンドもピアノも好きだったのに、卒業したらやらなくなった 私 レッスンを受ける前は、どんな感じでしたか?これまでの音楽との関わ...
受講生さんの声(ピアノレッスン)

みんな最高のパフォーマー!足りないところを探さなくていい【ピアノオンラインレッスン/受講生さんへのインタビュー①】

これまでのピアノオンラインレッスンの受講生さんに、インタビューしています。 1回目のお相手は、Kさんです。 みんなの話してるコトバがわからない・・・だから、セッションがこわかった 私 ピアノレッスンを受けようと思ったきっかけは、何でしたか?...
暮らしを創る

小さな「自給」ができれば、どこに住んでも大丈夫~暮らしも、仕事も、教育も

小さな自給で、少しでも作れるものがある、という安心感 自分で、あるいは家族で、自分たちで、「作れるもの」が少しでもある。 それを「小さな自給」と言っています。 完璧じゃなくていいし、ほんの少しでもいい。それがあると、なんとなくの安心感がある...
音楽とコミュニケーション

「もっともっと」と思っていると、どこまで行くのでしょうか?〜楽器がもっと弾けるようになりたい、と思うときに

「自分にできることなんて、たいしたことない」と思うのは、なぜ? こんにちは!れいちゃんの大人の音楽教室インストラクターの高藤麗子(れいちゃん)です。前回のこの記事を書いたあとに、1つの問いが浮かびました。 「弾けない」と言っているとき、本当...
タイトルとURLをコピーしました