音と音の会話

最近、オンライン上でのセッションに参加しています。

自宅にいながら、全国の人とセッションできる、しかも、初心者でも全然準備もなくできるって、すごいことだと思ってますが、そんな中で、セッションは「音と音の会話」だということに気づきました。

そもそも、セッションやアドリブ、即興とかって、難しいものだと思っていました。
その場でいきなりやってと言われても、ドキっとするし(笑)
リズム楽器だけならまだしも、メロディーを作るとかって、難しい・・・と^^;

そもそも、私は、楽譜を読むことから始めて、音楽をやってきたので、メロディーを作るとかって、敷居の高いことだと思っていました。

でも、今やってるセッションって、誰かが出した音を真似する。簡単な音だけで遊ぶ。そんなところから始まります。

例えば、言葉を覚えたときのように。あいさつに答えるときのように。
覚えたばかりの英語で、初めて誰かに通じたときに、嬉しかったのと同じように、覚えた音で会話ができた瞬間って、嬉しい!
そんな感じです。

セッションは、音と音の会話。
準備しなくても、訓練を重ねた人じゃなくても、もっと気軽にできるもの。
この面白さを、伝えていきたいな~と思っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です